記事一覧

妊娠中のアロマセラピーについて

「妊娠中に精油を使ってはいけないといいますが、どんな精油ならいいでしょうか?」
とっても多い質問です。

本当に諸説紛紛で、一方でお勧めとなっているものが、一方で禁忌となっている精油も。

結論から言って、香りを楽しむ上で禁忌はありません。

ただ、今はいろんなところで「妊娠中は使用禁止」と書かれている精油があるので、
妊娠中の方にお勧めしたり、プレゼントした後
「この精油をプレゼントされたけど…」と困惑されないように、
妊婦さんにお勧めしやすい香りを紹介しています。
あとは香りの好みががらっと変わるので、
無難に香りのない石けんをお勧めしています。

さて、妊娠中効果的と言われる精油ももちろんたくさんあります。
47244590_201403272304329c7.jpg
優美な香りのネロリ。

妊娠線予防にお勧めなのが
ネロリ・フランキンセンス・マンダリンローズウッド
(ネロリ×マンダリン、フランキンセンス×ローズウッドのブレンドもいい香りです)
乾燥をふせぎ、皮膚を柔らかくすると言われる精油が紹介される事が多いです。

また、出産が近づいたら、お産を軽くすると言われる精油で
マッサージやリラックスがお勧めです。

・ジャスミン・クラリセージローズなど
以下の精油は子宮収縮効果があると言われています。
クローブ、ジャスミン、セージ、タイム、バジル、フェンネル、レモングラスなど。
お産が近くなったらハーブティもお勧めです。
P8197025.jpg

個人的に3人目はつわりが辛く、つわりに良いとされるオレンジやマンダリンも駄目で
初期はとにかく全ての香りが駄目でした。
石けんはマスク付けながらでも辛かったです。
つわりの時期を抜けると、ローズウッドやラベンダーがかろうじてOKに。
このあたりは妊婦さんでも個人差が大きいと思います。

石けんの香り(製作中ではなく出来上がったもの)は楽しめました。
特に手術で入院中(妊娠中にのう種の手術したんです)は看護師さんにも
石けんの香りが癒されると好評でした。

お産の時は
・ローズ・イランイラン・ラベンダーのブレンドオイルを持って行きました。
香りというか…子供二人(全員で立ち会いだったので)が飽きる前に産まなければ!という使命感が強かったせいか
大変安産でございました….
いえ、香りのおかげです(笑)

必要な香りは自分で解ります!いい香りと感じる香りは
自分が必要としているもの。
お勧めされても「今はこれあまり」と感じる時は不必要な香りです。
体調や気候で好みもがらっと変わります。
妊娠中はホルモンバランスが大きく変わるので
特に振り幅が大きくなると思っていただければと思います。

どうぞ楽しい妊娠生活をお送りください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんち&もんち妻

Author:もんち&もんち妻
大病をした時に助けられた精油と、赤ちゃんの頃からアトピーの長男の為に作った石けんづくりを通して、
アロマセラピー、ハーブ染め、漢方の知識を活かしながら、
皆さんのお役に立つ事が出来たら幸いです。

ホームページ  http://www.hyakumi.jp
ショップ  http://shop.hyakumi.jp

月別アーカイブ