FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴陥湯(さいかんとう)で回復の兆し

息子2が気管支炎をこじらせはや2週間...日中はいいのですが夕方~夜に発熱し、朝方激しい咳とともにおっぱいを吐き戻してしまいます。
肺炎になってないのはレントゲンで確認したし、気管支炎は時間がかかるのはわかってるんだけど(>_<)
もんちが駄目元で漢方薬を煎じてくれました。

「柴陥湯」(さいかんとう)
 「小陥胸湯(しょうかんきょうとう)」....胃が痛く肺に響くような時に使う胃薬
 「小柴胡湯(しょうさいことう)」....子どもの聖薬と呼ばれ、胸脇苦満があり、往来寒熱があるときに使用し、風邪が長引いた時の和解剤。
この二つの薬の合方が柴陥湯です。

なぜ駄目元で..かというと、ものすご~く苦いんです。漢方薬=苦い、と思われがちですが、漢方薬と一口に言ってもいろんな味があります。また、自分に合っている薬は苦く感じず、するっと飲む事が出来るので私は「良薬口に甘し」だと思っています。
柴陥湯は飲みにくい薬の一つ。新生児の頃から漢方薬に慣れてるとはいえ、はてさて飲めるのか...

「黄連」
P6270909.jpg
「黄芩」
P6270912.jpg
このふたつの生薬が苦いんです。洋服にこぼしたら黄色のシミになるしねえ。

ところが!証に合っていたのかしっかり飲んでくれました。その後はみるみる表情が良くなり(○^∇^)笑顔が増えました。今朝ひさしぶりに吐き戻しをせずにすみました。
本当に良かったっ!

次回は遅れておりますミストセラピーの紹介、ゆるりら様との素敵なオリジナル石けんのお話もしていきたいと思っております。
2丸ごと

P6220367.jpg

息子よ、はよう元気におなり~。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんち&もんち妻

Author:もんち&もんち妻
大病をした時に助けられた精油と、赤ちゃんの頃からアトピーの長男の為に作った石けんづくりを通して、
アロマセラピー、ハーブ染め、漢方の知識を活かしながら、
皆さんのお役に立つ事が出来たら幸いです。

ホームページ  http://www.hyakumi.jp
ショップ  http://shop.hyakumi.jp

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。