FC2ブログ

記事一覧

青は藍より出でて藍より青し

藍が生きて、青が変化する過程。
SN3D0003.jpg

SN3D0005.jpg
石けんを切り分ける際、石けんの断面は外側と全く違う表情を見せる。
空気に触れてやがて外側と同じ色になってしまうけれど、
この瞬間の色を見る事が出来る事が、石けんを作る醍醐味だと思う。

合成着色料や化学薬品では出来ない、
生きている色を石けんに残したい。

コメント

またまた

またまたこんばんは☆(笑)
十分生きている石鹸をつくっていらっしゃいますよ☆だってアトピー肌のわたしが
安心して使える(髪の毛まで)石鹸なんですもの☆
お二人の姿勢をみると われわれ夫婦も気が引き締まります!
それに こんな素敵な色 はじめてみました!石鹸てすばらしいですね
石鹸さんも 手にとられてもらわれていった先の家族を アワアワで優しく包み込んで
きっと幸せにしていることでしょう。。。

なちゅり妻様

せっかく効能の高い藍を使うのであれば、”石けんにする時にもっといい色が出せるのではないか?”ともんちの研究魂は枯れ果てる事なく...(笑
今我が家は藍だらけですよ~
藍染めTシャツもいっぱい出来てます(笑
子供の藍染めTシャツって可愛いですよ~。抗菌効果も高いし、明治時代藍の色が町にあふれていたというのもうなずけます。
あわあわで幸せにできたら本当に素晴らしいですよね。そんな石けんを作り続けられるよう頑張りたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんち&もんち妻

Author:もんち&もんち妻
大病をした時に助けられた精油と、赤ちゃんの頃からアトピーの長男の為に作った石けんづくりを通して、
アロマセラピー、ハーブ染め、漢方の知識を活かしながら、
皆さんのお役に立つ事が出来たら幸いです。

ホームページ  http://www.hyakumi.jp
ショップ  http://shop.hyakumi.jp

月別アーカイブ