FC2ブログ

記事一覧

咳や気管支によい精油

咳に効くとされる精油は、たくさんあります。
しかし、なんでも良いということにはならず、体質によって使い分ける事が大切です。
暖める精油か冷ます精油か潤わせる精油か、乾かす精油なのかを見極める事です。

※寒さが強いときは暖める精油
シナモン・クローブ・サンダルウッド・ヒソップ・ジンジャー・マージョラムなど。
※熱感が激しいときは冷ます精油
オレガノ・タイム・リンデン・サイプレス・ユーカリラジアタ・バジル・ウィンターグリーンなど。


一番大切なのは、よい香りと感じられるものを使用する事です。
太字の精油が比較的手に入りやすく、安価です

うちの息子は点滴や薬が効かず、話ができないほどの咳込みが続き、夜も眠れないような時に
サイプレス・ユーカリ・クローブのブレンドででぴたりと止まって眠れることが多くあります。

精油を使用する方法として、芳香浴、マッサージ、吸入があります。
芳香浴はよく知られた方法で、ディフューザーやアロマポットに精油を入れて香りを楽しむ方法です。
GSC_0309.jpg
ディフューザーもいろいろあり、精油を直接霧状にして噴霧するものや、
加湿器のように蒸気を出し、その中にオイルを入れて漂わすものなどがあります。
一番お勧めなのは、熱を加えず精油をダイレクトに微粒子化にして噴霧するタイプです。
(写真左がお勧めのタイプ・右は蒸気に精油をのせて出すタイプです)

アロマポットは形状によってかなり香りの強さが異なります。
ろうそくの熱をどれだけ蓄えておけるかというのがポイントです。
熱の逃げにくい、熱のたまるところの体積が大きいものがお勧めです。

マッサージは5cc(中さじ1杯)に精油を1滴入れて、胸部などをマッサージします。

吸入は洗面器などにお湯を張り、その中に精油を2~3滴ほどたらし、
目を閉じて鼻から蒸気を吸入します。ただし、喘息の発作時には却って刺激になる事があるので、
そのあたりの加減は状態をよく観察してから行ってみてください。

喘息や気管支炎、本人も大変つらいですし、看病する家族も大変だと思います。
どうぞ少しでも症状が楽になり、夜ゆっくり休めますように...

風邪予防と精油はこちらから
精油の効能経路はこちらから
※上記使用例は全ての方に当てはまる物では御座いません。使用感は個人差が御座います。

コメント

私も喘息、子どもたちは気管支炎持ちなので、
やっぱり夜は咳でつらいときがあります。薬が効かないときってありますよね。
私も試してみようかな♪自分にあうものを探してみます^^
キッチンソープ、使い始めました!!
結構泡立つし、お弁当箱もきゅきゅっと仕上がるので満足です~~。
これはお花の香りのするものとかもありますか??

paniハル様

一度咳き込みモードに入ってしまうと、本当につらいですよね(T_T)
特にこの季節は風邪から移行しやすいですし...
様子を見ながらぜひ試してみて下さい。ディフューザーはやはり超音波タイプの物が私達はクリアに効きました。
キッチン・ソープ気に入って頂けて嬉しいです!今香りをリニューアルしているのですが、paniハル様のご意見を頂いてひとうはフローラルな香りにしようと思います。
毎日の事なので使いやすく・優しく・楽しい気分で使える物になるよう頑張ります~♪

なるほど~

ディフューザー、売り場で見かけるもののよく分からずにいました…

うちの息子は、喘息様気管支炎とかいうのに冬になるとなって……

ヤバそうな咳しはじめたら、ドキドキします(汗)


息子も一緒に、どんな香りか見てきます~♪゛

ピンドット様

わお~、我が家の息子と同じですね....。風邪からも移行するし、冬は本当に怖いです。
症状の様子にもよりますが、噴射式のでフューザーが一番効きます。精油は消費しますが...
お気に入りが見つかったら、もんちの石けんやでも精油のおすそ分けしていますので
ぜひお問い合わせ下さい。
保育所で~インフルエンザが~でてるのですよ~11人もお休みしてるのですよ~コワイ~
ピンドット様のお子様たち、学校は大丈夫ですか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんち&もんち妻

Author:もんち&もんち妻
大病をした時に助けられた精油と、赤ちゃんの頃からアトピーの長男の為に作った石けんづくりを通して、
アロマセラピー、ハーブ染め、漢方の知識を活かしながら、
皆さんのお役に立つ事が出来たら幸いです。

ホームページ  http://www.hyakumi.jp
ショップ  http://shop.hyakumi.jp

月別アーカイブ