FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪酸構成

手作り石けんはオイルと水酸化ナトリウムだけで作ることができます。
このオイルを何にするかによって全く違った石けんが出来上がります。
そしてどんなオイルをどれだけ使うかというのが作成者の思いや個性が大きく出る所だと思います。
GSC_0172-2.jpg
オリーブオイル、パームオイル、レッドパームオイル、スイートアーモンドオイル、ひまわり油、胡麻油、シアバター、ココアバター、ホホバオイル....etc
石けんに入れて「よい」と言われるオイルはたくさんあります。

もんちの石けんやで一番大事なのは脂肪酸の構成であると考えています。
オイルに含まれる脂肪酸によって、脂肪酸ナトリウム=石けんはいろいろな表情を見せます。

オレイン酸を沢山入れてあげると、肌にやさしいしっとりとした石けんになったり、
リノール酸を多めに配合すると、やわらかい、とけやすい石けんになります。
石けんはキャスティール(単一のオイルで作成した石けんの事)や
マルセイユ石けん(全体の重量の72%をオリーブオイル、28%を水分として作成する、これも単一のオイルで作る石けんの作成技法のひとつです)を除き、複数のオイルで構成されています。
複数のオイルが集まったとき、各々の持っている脂肪酸がどのようになっているのか、
ここを考える事が石けん作りの醍醐味です。
作成したいとイメージした石けんに近づけるには、どのような脂肪酸構成にしたら良いのか。
パズルを組み立てるみたいな感じといえばよいのでしょうか。
オリーブオイルだけで作ると、オレイン酸が7割程度リノール酸が1割。
これでは泡が立たないので、ラウリン酸を含むパーム核油を足してみる。
オリーブオイルを7割入れて、3割をパーム核油にすると、
オレイン酸が6割近くで、ラウリン酸が1割強。
オレイン酸は全体の6割までに落ちたが、ラウリン酸が1割入ったので泡立ちは
問題なくなります。
でもこれだとやわらかいので、硬くするパルミチン酸を含むオイルを入れたい。
というと、オリーブオイル7割、パーム核油2割、パーム油1割にしてみよう。
オレイン酸が6割弱に落ちて、ラウリン酸が1割弱に落ちるが、パルミチン酸が1,5割に増えた。
これで、しっとり感、洗浄力、泡立ち、硬さがまずまずそろったかな・・・
このような感じです。
GSC_0051.jpg

石けんによく使われる高価なオイルも脂肪酸構成で見ると、別なオイルの組み合わせで同様の使い心地を出す事も可能です。
有名なところでは、高価なスイートアーモンドオイルは
オリーブオイルとグレープシードオイルで同様の脂肪酸構成が作れる、ということです。
スイートアーモンドオイルは、オレイン酸65%ほど、リノール酸を22%ほど持っています。
これを再現するには、グレープシードオイルとオリーブオイルを1:4で配合すると
その脂肪酸構成が現れます。
たとえば、オリーブオイル800g、グレープシードオイル200gで作成すると、
オレイン酸63%ほど、リノール酸21%ほどになり、スイートアーモンドオイルで
作った石けんと似たようなものに仕上がります。
こんな感じにまるでパズルのように楽しんで脂肪酸構成を計算しています。

もちろんオイルにはそれぞれ特有のビタミンやミネラルを含んでいます。効能・効果はまたそれぞれ固有の持ち味になり代用できない部分もあります。
ただ、石けんの使用感、泡立ちや固さ、とけやすさ等は脂肪酸構成を計算する事によりほぼ決定されます。
NEC_0002_20081028222618.jpg

オイルの良さをきちんと生かす事。石けんとして使いやすい事。
良さそうだからではなくきちんとした根拠を持って石けん作りをしています。

コメント

勉強になります!!

こんばんは!久しぶりにコメントします。
今回の記事、とってもとっても勉強になりました!
前田京子さんの本にも脂肪酸のことが書いてあってここまで考えた石けん作りをしたいな~と思いながら、とっても難しそう…という気持ちが先に立って、脂肪酸のことまで考えたレシピを考えるにはいたってません v-356まさに良さそうだからシアバターを入れたりホホバオイルを入れたり…の素人の作り方です。
もんちの石けんやさんは本当にいつも尊敬する事ばかりです。
私もそんな石けん作りを目指して頑張りたいと思います。

Yoko様

いつもコメント有り難う御座います!もんちはバリバリの理系なので脂肪酸計算が一番好きな作業だそうです。方やバリバリ文系の私は数字を見ただけで目眩がします.....
前田京子さんの本で「これはお勧めしない」というオイルでも構成によっては生きてくることがあるので、様々に試されても楽しいと思います。逆に自分たちが「好きじゃない~」と言っていても作り手によってはうまく生かされる事もあると思います。
まだまだ日々努力&勉強だなと思っています。Yoko様も様々なものを器用に作成されてうらやましいばかりです。又記事のリクエストもありましたらぜひぜひ!宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんち&もんち妻

Author:もんち&もんち妻
大病をした時に助けられた精油と、赤ちゃんの頃からアトピーの長男の為に作った石けんづくりを通して、
アロマセラピー、ハーブ染め、漢方の知識を活かしながら、
皆さんのお役に立つ事が出来たら幸いです。

ホームページ  http://www.hyakumi.jp
ショップ  http://shop.hyakumi.jp

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。