プロフィール

もんち&もんち妻

Author:もんち&もんち妻
大病をした時に助けられた精油と、赤ちゃんの頃からアトピーの長男の為に作った石けんづくりを通して、
アロマセラピー、ハーブ染め、漢方の知識を活かしながら、
皆さんのお役に立つ事が出来たら幸いです。

ホームページ  http://www.hyakumi.jp
ショップ  http://shop.hyakumi.jp

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

もんちの百味箪笥ブログ
心に響くあなただけの処方を。香りや漢方、天然石の知識を活かしながらお届けします。イベントの出店情報やハーブと生薬のいろんなお話。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春からのイベント出店について
出店していて幸せな時って、皆さんたくさんあると思います。

お客様が石けんの香りをかぎ比べている、自分の好きな香りを見つけてふわっと笑われる、”うわ!”とびっくりされる、その表情を見させて頂くとき。
お勧めを聞かれて、お客様がどんな石けんを求めていらっしゃるか、お客様とお話ししながら探していく過程。
その場で買って頂いてオシマイ、の商品ではないので、後日感想を頂くまで「あの方にあの石けんで満足して頂けるだろうか?」
という、緊張.....
GSC_0070_20090130222245.jpg

どれもとても大切な時間です。

手作り市やイベントで、お客様と一対一で向き合う時間や質が高い物でありたいと思っています。
2008年は、とにかく新しい場所でもどんどん行ってみよう!新しい出会いを楽しもう!という感じだったのですが、連日となって体力や思考力が落ちることは、私達には向いていないなと感じていました。
2009年はイベント自体が土日連日の場合をのぞき、出店が連続にならないように、調節しながら、その分お客様との密着度が高くなるように(イヤとか言わないで笑)動いていきたいなと思います。

宝塚ガーデンフィールズ~手作り市~と楠公さんの手作り市は今年も毎月出店の予定です。
新たなコラボレーション企画、オリジナル企画も満載です!
GSC_0065_20090130222739.jpg

今年も皆様の”楽しい”と感じて頂ける時間を増やすことができますよう、動き始めています。
スポンサーサイト
青は藍より出でて藍より青し
藍が生きて、青が変化する過程。
SN3D0003.jpg

SN3D0005.jpg
石けんを切り分ける際、石けんの断面は外側と全く違う表情を見せる。
空気に触れてやがて外側と同じ色になってしまうけれど、
この瞬間の色を見る事が出来る事が、石けんを作る醍醐味だと思う。

合成着色料や化学薬品では出来ない、
生きている色を石けんに残したい。
これはなんの写真でしょう
GSC_0297_20090126151736.jpg

SN3D0003.jpg

SN3D0004_20090126151826.jpg
SN3D0008_20090126151845.jpg

石けんの写真がはいらないと完全に黒魔術師ですね。もんち。
インフルエンザ対策!生薬編
とうとう子供達が通う保育所の4分の一がインフルエンザ感染!
こっこれは....
今回はインフルエンザ対策、生薬編です。

中国ではインフルエンザの季節、この生薬のお茶を学校の正門で子供達の口にシュッシュとスプレーしているそうです。

「板藍根」
SN3D0004.jpg
多種のウイルス感染症に効果があり、インフルエンザウイルスも抑制。
読んで字のごとく、「藍の根っこ」です。
藍にも種類が色々ありますが、「板藍根」リュウキュウアイ(馬藍)およびタイセイ(松藍)の根っこ。葉は染め物、葉は「大青葉」という生薬として利用されます。

お茶のように出しても良いのですがあまり味が良くないので子供が飲みません。
てなわけで例の粉砕器で粉末にしてはちみつで丸めました。
SN3D0006.jpg
余談ですが漢方薬で最後に「~丸」とつくものはもともとはこういった丸薬、携帯用のお薬だったそうです。

これを朝、帰宅後、晩にぽいっと水で飲んでいます。
とはいえ、ハーブ等と違い手に入りにくいと思います。
イスクラ産業株式会社の製品を扱っている薬局(パンダのイラストが可愛い)なら健康食品として「板藍茶」というお茶を売っています。これはお湯を注ぐだけで飲みやすく美味しいです。
SN3D0007.jpg
一包80円ほど。
74.jpg
このパンダです。この板藍のどあめはなぜか息子のお気に入り。

とにかく全力でインフルエンザ予防です。
手作り市でご縁が出来たご家族の中でもインフルエンザにかかられてしまった方が結構いらっしゃり...
どうぞお大事になさって下さい!
インフルエンザ対策!ハーブ編
子供達を保育所に送っていくと
「本日インフルエンザでのお休み○人」
と、毎日人数が増えていくんですよおおおお~~!!

皆さん結構キチンとお子さんも両親も予防接種をされているのです。
それでも広がるインフルエンザの猛威。

手洗い、うがいは当然としても集団生活や同じオフィス内での感染は...
マスクやバランスのとれた食事、生活で予防していくしか無いのでしょう。

お子様でもハーブティが苦手な方でも飲める暖かいコーディアルはいかがでしょうか。
はちみつの甘さも心を和ませてくれます。
お勧めは美味しくてヨーロッパで「インフルエンザの特効薬」といわれるエルダーフラワーです。
SN3D0013.jpg

--(材料)--------------------------------
ドライハーブ 30g(生ハーブなら60g)
砂糖(蜂蜜でも可) 250g
水 500g
クエン酸(レモン汁でも可) 中さじ1
----------------------------------------
1、水500gを火にかけ、沸騰寸前(沸かしすぎないことがポイント)にして火を止める。
2、1のなべの中にハーブを投入し、ふたをして10分~15分ほど置いておく。
3、2のハーブを別の鍋、又はピッチャー等にハーブが入らないようにして移す。
4、砂糖とクエン酸を入れてよくかき混ぜる。(クエン酸は防腐目的)
完成!

夏にご紹介させて頂いた時にはソーダ割りをお勧めしましたが、やはり今は暖かいお湯で。5~15倍に薄めてホットコーディアルで暖まって下さい。

エルダーフラワーは「粘液浄化薬」として使用されていたハーブで、くしゃみ・鼻水・風邪の初期症状にも良いとされています。

SN3D0012.jpg
これはなちゅらるりーふ様のハーブ。胃腸に良いとされるレモンバーベナ。
夏に頂いた物を自宅で乾燥させ、ドライハーブにしてゆっくり頂いています。
数種類のハーブでブレンドも美味しいコーディアルができます。
ワイヤー・ビーズアクセサリー 桜花~ouka~様
先日は桜花~ouka~のもっちん様のお誕生日でした。
SN3D0001_20090119160018.jpg
お誕生日会というか食べ放題会(それは自分たち)というか...
sakuraさん、さっちゃん、なちゅらるりーふご夫妻と超ゴージャスメンバーで楽しいひとときと(食べ物を)頂きました。

SN3D0001_20090119160620.jpg
もっちん様から夫婦ペアでこんな奇麗なワイヤー細工を!!

ワイヤーアクセサリーというのはとても力の居る作業だそうですが、
出来上がりは本当に繊細で力量を感じます。
宝塚ガーデンフィールズやせんちゅうパル、また大阪市内のあーとぼっくす様でも作品を手に取ることができます。
eb9519a375.jpg
今年は「薔薇」「羽」が多くなりそうだとのこと。
スケジュールが合えばまた薔薇の季節にぜひsakuraさんとうちと「薔薇特集」させて下さい!

ワイヤー・ビーズアクセサリー 桜花~ouka~
もっちん様のブログ
お誕生日本当におめでとう御座います☆
気管支炎・喘息の処方
喘息や気管支炎のときに、漢方では色々な処方を使います。
その人にあった処方なら、面白いぐらいに症状が楽になります。
ただし発作時は、点滴や注射、吸入などで対応したほうがいい場合もあります。
また併用する事で、点滴等の作用を高め、副反応を抑える事が出来るという場合もあります。

さて漢方薬では、まず一番に「寒」か「熱」のどちらか判断します。
発作時に暑くてたまらず、冷たい飲み物を欲しているなら、冷ます薬。
発作時には冷や汗が出て、寒くてがたがた震える状態なら、暖める薬。
次に見るのは、水分の状態です。
声が枯れているがのどの痛みが少ない、この状態なら肺や気管支を潤わせるとよくなります。
のどの痛みがひどくて鼻水が黄色を帯びているなら、熱がこもっていると考えますので、熱を冷ます薬が。水分を過剰に欲しているときは、熱が大きすぎて一生懸命冷まそうとしているのか、
または熱は大きくないが、体の冷ます機能がうまく働いていないか、などなど。
ほかにも色々見立てる(判断する方法の事)項目がたくさんありますが、
何が不足して何が過剰なのか、案外直感で対応してまず間違いは少ないです。
先入観を捨てて、状態を判断する事が一番大切です。

よく使用される処方は
・小青龍湯
・小柴胡湯合半夏厚朴湯
・麻杏甘石湯
・苓甘姜味辛夏仁湯
・越婢加半夏湯
などがあげられます。
これらの処方は、簡単に言うとすべて水分代謝をよくするお薬です。
また、麻黄にはエフェドリンが含まれていますので気管支拡張の効能も期待できます。
NEC_0033_20081118190543.jpg

しかし、これらの処方だけでは中々上手くいかない事も多いです。
その他の原因が喘息を気管支炎を起こす事があるからです。
たとえば気の巡り(体を動かす目に見えない物質の事)が悪くて症状が出ている時、熱のこもった状態が甚だしい時、胃腸の調子が悪くて邪(病気の原因の事)を追い出せない時。
埃や塵、その他ハウスダストなどを吸い込んで過剰反応をおこしているのか・・・など等。
つまり水分代謝とは直接関係がなさそうな時です。
そういう時にお勧めできるのが、
・蘇子降気湯
・神秘湯
・六君子湯
・大柴胡湯
・半夏瀉心湯
・カッ香正気散
などがあります。
ただ、これらは即効性は薄く、効果発現までに時間がかかるので、他の剤と併用する感じで使います。

上記の薬が効かないときに大変よい処方があります。
頓漱湯(トンソウトウ)」という薬です。
京都の新妻家というところの処方で、百日咳の特効薬として重宝されたと聞きます。
あまりなじみが無い薬かもしれませんが、かなり頑固な咳き込みや呼吸困難などにスパッとききます。
構成生薬は
柴胡5g、桔梗2.5g、黄芩2.5g、桑白皮2.5g、山梔子1g、甘草1g、石膏5g
以上7味になります。

柴胡と黄芩で体の内部にこもった熱をとり、桔梗と甘草で風熱の喉の炎症を抑え、
黄ゴンと山梔子で湿熱駆除をして、黄芩と桑白皮で肺の熱による咳を鎮め、
石膏で喉の渇きや乾燥=肺の熱を冷ます・・・こんな感じの薬です。
SN3D0002_20090117130315.jpg

保険適用の薬ではないのですが、今回の息子のひどい咳にとてもよく効き、処方もとてもよいものなので覚え書き代わりに書いてみました。

※上記の処方すべて、用いる際には必ず医師・薬剤師(マトモな・・・汗)に相談してから服用してください。


咳や気管支によい精油
咳に効くとされる精油は、たくさんあります。
しかし、なんでも良いということにはならず、体質によって使い分ける事が大切です。
暖める精油か冷ます精油か潤わせる精油か、乾かす精油なのかを見極める事です。

※寒さが強いときは暖める精油
シナモン・クローブ・サンダルウッド・ヒソップ・ジンジャー・マージョラムなど。
※熱感が激しいときは冷ます精油
オレガノ・タイム・リンデン・サイプレス・ユーカリラジアタ・バジル・ウィンターグリーンなど。


一番大切なのは、よい香りと感じられるものを使用する事です。
太字の精油が比較的手に入りやすく、安価です

うちの息子は点滴や薬が効かず、話ができないほどの咳込みが続き、夜も眠れないような時に
サイプレス・ユーカリ・クローブのブレンドででぴたりと止まって眠れることが多くあります。

精油を使用する方法として、芳香浴、マッサージ、吸入があります。
芳香浴はよく知られた方法で、ディフューザーやアロマポットに精油を入れて香りを楽しむ方法です。
GSC_0309.jpg
ディフューザーもいろいろあり、精油を直接霧状にして噴霧するものや、
加湿器のように蒸気を出し、その中にオイルを入れて漂わすものなどがあります。
一番お勧めなのは、熱を加えず精油をダイレクトに微粒子化にして噴霧するタイプです。
(写真左がお勧めのタイプ・右は蒸気に精油をのせて出すタイプです)

アロマポットは形状によってかなり香りの強さが異なります。
ろうそくの熱をどれだけ蓄えておけるかというのがポイントです。
熱の逃げにくい、熱のたまるところの体積が大きいものがお勧めです。

マッサージは5cc(中さじ1杯)に精油を1滴入れて、胸部などをマッサージします。

吸入は洗面器などにお湯を張り、その中に精油を2~3滴ほどたらし、
目を閉じて鼻から蒸気を吸入します。ただし、喘息の発作時には却って刺激になる事があるので、
そのあたりの加減は状態をよく観察してから行ってみてください。

喘息や気管支炎、本人も大変つらいですし、看病する家族も大変だと思います。
どうぞ少しでも症状が楽になり、夜ゆっくり休めますように...

風邪予防と精油はこちらから
精油の効能経路はこちらから
※上記使用例は全ての方に当てはまる物では御座いません。使用感は個人差が御座います。
風邪と石けん
週末はとても冷え込みましたね。
ガーデンフィールズ手作り市へお伺いする予定が、もんちをのぞく皆が風邪を引き、発熱という事態でてんやわんやでございました。
いつも風邪予防に使っているディフューザーが壊れたら、見事に...!!
特に息子の気管支炎は、処方される咳止めや点滴では止まらない、吐いても咳が止まらないようなものなので、ふらふらの中ディフューザーを生活の木さんまで買いに出て。
精油を使ったらあっという間に咳が止まりました(´Д`。)

石けんもせっせと作っているのですが、ちっともご報告できず、すみません。
メールの対応等も遅れ気味でご迷惑おかけ致しました...

SN3D0020.jpg
根強い人気のMy Sonsは子供達に「カレールーだ~!」と言われました。
SN3D0027.jpg
とあるSavon deシリーズ、リニューアル決定です。試作品。
SN3D0025.jpg
こんな奇麗な青い石けんも。もちろんマイカなどの鉱物は自然由来でも使用していません。

とりあえずディフューザーは切らしてはイカン、と。
スペアも送ってもらうよう手配かけました。

ガーデンフィールズ出店された皆様は体調崩されていませんでしょうか。
子供達が通う保育所でもインフルエンザが出たそうです。
まずは風邪予防、その上でかかってしまったら十分な休養を取って下さい。

「ミルク~Milk~」クリフトン・ナーセリーズ宝塚様
2009年うし年にちなんだ石けんの紹介です。

PA075317.jpg
宝塚ガーデンフィールズ内クリフトン・ナーセリーズ様のオリジナル石けんには
おなじみの海蒼絵葉書館様にたくさんの写真を提供して頂きました。
”ミルクの写真はこれでしょ!!”と一発で決まったラベルの写真です。

北海道在住のご夫婦が自分の足で歩き、目で見て、写真に収めています。

「ミルク~milk~」はちょっと変わった精油のブレンド。
古いオードトワレに”バージン・ミルク”という配合がありました。
これはラベンダー精油と安息香のブレンドです。

安息香は、もんち妻が一番好きな精油です。
文字通り緊張を和らげ、心に安息をもたらせる暖かいイメージの香りです。
ラベンダーとブレンドされることによって、そこに初々しさが加わります。

甘く優しく、それでいて爽やかな香り。
それぞれの精油単体からでは得られない、まさに”バージン・ミルク”という名前にふさわしい香りです。

北海道の広い空を想いながら、のんびりとバスタイムをお過ごし下さい。
GSC_0295.jpg

明日は宝塚ガーデンマーケット、手作り市です。
もんちの石けんやはお休みですが、暖かい紅茶で一息、
ぜひクリフトン・ナーセリーズ様にも足を運ばれてみて下さい。

ビーズアクセサリーの『Fairy Feathers Market』様、
(地元悪天候のため出店中止とのことです)
ハーブとお野菜の『なちゅらるりーふ』様、
優しい甘さのお菓子『さくさく屋』様がご出店されます♪

2008年度最多石けん
去年一年で一番作った石けんは何でしょう。
......
......
(さあ皆様もご一緒に!!)
......
......



答えは
「ローズクレイ」
でした。
ローズクレイミニ
20kg近く作成しました。
息子の体重と変わりません。

シャンプーをいやがる娘が「ぴんくのせっけんなら、する」というので
そんな役にも立つのですね(汗

たくさんの方に愛して頂き本当に有り難いことです。

未精製シアバターの香りを楽しむクリーム
手作り石けんを使っていると、洗いすぎて皮膚のバリヤーまで流すことが無いので、
皮膚が皮膚の自己回復機能できちんと自分自身を守ってくれます。

洗顔後はお肌が石けんのために弱アルカリ性に傾いているので、
お肌の快適な状態=弱酸性に戻す必要があります。
普通肌の方は、弱アルカリ性から弱酸性に戻す作業は皮膚の自己回復作用で自然に行ってくれます。
肌の弱い方は軽くクエン酸リンスを顔につけてあげる事をお勧めいたします。
また皮膚の弱い方は洗い過ぎないようにすることもポイントです。


寒くなってくると様々な条件に肌をさらす方もいらっしゃいます。
GSC_0294_20081212132933.jpg

キッチン・ソープで手荒れ改善の嬉しい言葉をたくさんお聞きしていますが、
冬になるとお湯を使う機会も増え、洗剤以外にも手荒れの機会が増えます。
ひじやかかと、こどもの足、口もと....
どこにでも使えるて安心できるクリームをお届けしたいなと考え、始まりました。
小さな赤ちゃんだとお母さんの指も良くくわえますよね。
そんな時にでも安心できる物。
GSC_0296.jpg
未精製のシアバター100%のクリームです。未精製のためちょっぴり黄みがかった色。
シアの木の実からとれるこのバターは古くから食用、燃料、薬品として使われています。
ガーナでは生まれたての赤ちゃんを乾燥や紫外線から防ぐため、全身に塗布するのだそうです。
精製されたシアバターは見かけることが多いのですが、精製する為にはどうしても薬品が必要になります。
精製前のシアバターはミネラルを多く含み、効能も数倍あるとのこと。
寒い部屋では固く感じますが、融点が36度前後と人間の体温で溶け、すっとなじみます。
GSC_0301.jpg
固くて使いづらいな..と思った時や広い範囲につけたいときは手のひらに取り、両手をこすり合わせて暖めてあげて下さい。
シアバターがじんわりと溶け、のびやすくなります。

冬を快適に過ごして春を待ちたいですね。
もんち妻のあんまり美しくない手の写真でごめんなさい(笑)
すっぽん、イケます。
ハーブなどを入れた石けんは、手作り石けんに限らず
工業石けんでも大変な人気商品です。
ハーブの演出法はさまざまあり、
ハーブティーを使用して作成するものや、ハーブをオイルに漬け込みそれを利用する方法、
ハーブの有効成分だけを取り出して添加する方法、ハーブのイメージに合う色材を使用する
ハーブのイメージに合う合成香料を添加する・・・などなど、いろいろな方法があります。

しかし、ハーブの成分を最大限に生かす方法は、
1、エッセンシャルオイルを使用する。
2、アルコールにハーブを入れて成分を抽出するチンキ。
3、ハーブをパウダーにして作成する。
この3つに集約されると思います。

石けんが完成するまでには、複雑な化学変化が生じます。
その変化の中で振り回されずに、有効成分が残りやすいという意味で、
また、香りがやさしく、持続時間が長いというメリットもある
パウダーを混ぜ込む方法、3番がもっとも適切であると思います。

ハーブの持つ有効成分の抽出は、水溶成分なのか、またはアルコールによって抽出されるのか、
高温低温で抽出されるのか、抽出方法によって出てくる有効成分が違ったりするので、
一概にどれが最適とはいいにくいのですが、ハーブパウダーの方法で行うと、
ある程度は変化が読めるというメリットがあります。
そのため、もんちの石けんやでは、ハーブパウダーを主軸にハーブ石けんを作成しています。

SN3D0008.jpg
そこで!!この度、新しく強い見方を導入いたしました。
「粉砕機」です!!!
この粉砕機は以前働いていた薬局で、すっぽんやマムシの粉末作成、
その他御種人参や田七人参、その他生薬などを粉末にする際使用していたものです。
SN3D0010.jpg
(これは甘草ヨクイニンの甘草)
ものすごく硬い生薬でも、ガリガリガリ~~~っと1~2分ほどすると、
テンカフンの様な、片栗粉のような、ふわふわのパウダーに変身します。
SN3D0014.jpg

以前より、ぜひ導入してよりよい石けんを作りたい!!と考えていたので
今回の導入は本当にうれしく思います。
この機械を使用して、今までよりさらによい石けんを楽しんでいただけるように
精進したいと思います。

Happy New Year2009
110_1_23.jpg
結局年をまたいでまだ石けんを作っています(笑)

新しい年が皆様にとって素敵な一年でありますように!

photo by海蒼絵葉書館


カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

イベントのお知らせ

お知らせ

Lano creation様
ワールドジュエリーフォーラム2011

8月24日(水)~8月30日(木)
松屋銀座 1階 
スペース・オブ・ギンザ

※ノベルティ作成をさせていただきました

harmony's Move様
move.jpg
和歌山県岩出市西国分674-1
TEL / 0736-63-3815
定休日 / 毎週月曜日・第3火曜日
営業時間 / 9:30~18:30
最終受付時間 / カット:18:30 パーマ:18:00

※ノベルティ作成をさせていただきました

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

携帯はこちらから

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

参考図書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。