プロフィール

もんち&もんち妻

Author:もんち&もんち妻
大病をした時に助けられた精油と、赤ちゃんの頃からアトピーの長男の為に作った石けんづくりを通して、
アロマセラピー、ハーブ染め、漢方の知識を活かしながら、
皆さんのお役に立つ事が出来たら幸いです。

ホームページ  http://www.hyakumi.jp
ショップ  http://shop.hyakumi.jp

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

もんちの百味箪笥ブログ
心に響くあなただけの処方を。香りや漢方、天然石の知識を活かしながらお届けします。イベントの出店情報やハーブと生薬のいろんなお話。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

界面活性剤
”石けんで汚れが落ちる”
日常の生活の中でとても当たり前の事ですが、”どうして”汚れが落ちるのでしょうか。

そして、手作り石けんとその他の合成石けんとの違いはなんだろうと思う事はありませんか?
awa_20110224152224.jpg

石けんや洗剤が汚れを落とすのは、「界面活性剤」が入ってるからです。
界面活性剤とは、水と油、本来なら解け合わないものを、混ぜる性質を持つ物の事。
この界面活性剤が油汚れを包み込み、水分中へ溶かして汚れを落としてます。

界面活性剤と聞くと、体に悪い、気持ちが悪いイメージを抱かれる方もいらっしゃいますが、
これがないと、汚れは落ちません。
ただ界面活性剤は合成か天然かの違いがあり、種類も本当にたくさんあります。
よく見かけるのは、陰イオン系、非イオン系などではないでしょうか。
手作り石けんは陰イオン系の高級脂肪酸塩と呼ばれる界面活性剤が入っています。

手作り石けんは天然の油、オリーブ油やパーム油、ラードなどを使用して、
苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を利用して加水分解して作られます。
手作り石けんに含まれる界面活性剤は弱い酸です。

これは濃度が濃い状態で使用すると界面活性剤としてしっかりと強く作用するのですが、
水に含まれるカルシウム分など(いわゆる水の硬度として表記されるような物ですね)と結合しやすいため、
使用すると適度に界面活性剤の濃度が薄くなるのです。
また合成の添加物なども一切入っていません。
そのため、肌に優しく環境にも優しいといえるのです。

一方、一般の合成洗剤は、原材料は石油です。
石油を原料に界面活性剤はいろいろと開発されています。
最近は「パームヤシを元に作った天然素材です」などと謳っている商品もあります。
確かに原料は天然由来のパーム油かもしれませんが、そのパーム油に化学物質を使い、
ごく一般的な合成界面活性剤(例えば、硫酸エステル系など)を作り出しているため、
簡単に天然素材だ=安心とは言えない事が多いのが現状です。

合成界面活性剤にも色々あるのですが、どれも共通して強い酸です。
合成界面活性剤の特徴はここにあり、強い酸のため、水に含まれるカルシウム分などと結合しても、
濃度がなかなか薄まる事がないのです。
その上、カルシウムと結合しにくくする成分や、洗浄作用を高める成分や香料などの添加物が多く含まれます。
また、濃度が薄まりにくいため、合成界面活性剤が残ってしまうという事も考えられます。
そのため、肌へのあたりがきつく感じられ、生分解のしにくい石けんとなります。

45_1_00.jpg

手作り石けんは「手作りだから優しい」のではなく
「肌に優しい材料で時間と手間をかけた作り方をしているから」
きちんとした根拠に成り立って、刺激の少ない石けんが出来上がっていきます。
スポンサーサイト
手作り石けんがすすぎやすい理由
市販の工業石けんより手作り石けんは泡切れが良く、すすぎがしやすい事をご存知ですか?
awa.jpg
手や体、顔を洗う時、そして特にシャンプーに使用した時にはっきりと感じる事が出来ます。
なぜ泡切れが良いのでしょう。

手作り石けんは合成界面活性剤を使用していません。
含まれるのは天然の界面活性剤。
天然の界面活性剤は、合成界面活性剤に比べ分解が早いので自然や地球に優しい....
そんな言葉を耳にしたことがあると思います。
天然の界面活性剤は合成界面活性剤に比べ分解が容易い。
だから泡切れが良く、地球に優しいと言われるのです。
また、不要な添加物等を使用していないため、泡切れが容易であると言えます。

泡切れが良いということは、小さい子を洗うお母さんや、
ご自分で体や頭を洗うことができず介助が必要な方、介助をされている方。
さっとすすぐ事が出来て互いの負担を減らす事が出来ます。
※もちろんゆすぎ残しがないようにきれいにすすいで下さいね
石けんシャンプーの上手な方法はこちらから。
市販のリンスは不要です。

市販の石けんよりも比較的泡が立ちにくいという欠点はありますが、もんちの石けんやの石けんは”泡だち”もとても重要な事だと考えています。
泡は心を安らげてくれます。
泡が立ちやすい石けん、泡は立ちにくくとろとろとけるような石けん。どちらも御座いますので石けんの表記をご参考にされるか、お気軽にご質問下さい。
手作り石けんで体を洗おう
とても乾燥する時期になりました。
お子さんの手足等、乾燥されてかゆくて眠れない、ひっかき傷だらけ...
という声を良くお聞きします。
とくにアトピーではなくてもこの季節だけ、どうしてもお風呂上がりにクリームが欠かせない...という方も多いのではないでしょうか。

一度ぜひ手作り石けんで体を洗ってみて下さい。

SN3D0002_20090204200542.jpg

我が家の息子はアトピー肌で、市販の”しっとり入浴剤”がしみて「痛い!」とお風呂を飛び出すほどでしたが、今もんちの石けんで洗っているだけで、あと何もクリーム等塗ったりはしていません。
もちろん程度にもよりますが、色々なクリームを試されるのであれば、ぜひ一度石けんを見直して頂きたいなと思うのです。
そんな事でかゆみや乾燥が少しでも治まるのであれば、こんなに本人そして周りに取って楽なことはないと思うのです。
(子供をお風呂に入れてそのあと体を拭いて、その上ケア...って結構大変ですよね)

私達の手づくり石けんは毎日使って頂けるお値段で、使いやすい石けんを。
という考えです。

息子は乾燥の季節はやはり「MonBeBe」がお気に入りですが、
お手軽な値段の生薬石けんであれば全身に気兼ねなく使って頂けると思います。
52_1_20.jpg

ポイントは、乾燥が気になる方はクレイが入っていない物を。
背中のニキビが気になる方はクレイや竹炭入りを。
お風呂上がりにクリームが欠かせない方は「MonBeBe」「Savon de紅花」ぜひ一度試してみて下さい。

手作り石けんがしっとりする理由はこちらから。

※もんちの石けんやの石けんは雑貨としての取り扱いになり、使用感は個人差が御座います。
熟成期間
コールドプロセスの石けんは30日間の熟成期間があります。
外から高い熱を加えずに、水酸化ナトリウムと水と油の化学反応でじっくり石けんに変化していくのを待ちます。

この熟成期間中にpHが下がり、30日後には使用できる石けんになります。

石けんは上手に寝かせてあげると本当にマイルドな使い心地になります。
じっくり寝かせた石けんは、泡立ちにくく溶けやすい構成の石けんも、奇麗に泡が立ち、溶けにくくなっていきます。

もんちの石けんやの石けんは、最低熟成期間を2ヶ月としています。
より使い心地が良くなるよう、早くなくなってしまわないように熟成期間を長く設定しています。
そして「Savon de Monchi」「Mon BeBe」などの柔らかな使い心地の石けんは少なくとも3ヶ月~4ヶ月間の熟成期間を経た上で店頭にお出しするようにしています。
今、お手元にある「Savon de Monchi」は8月頃に作成した物です。
GSC_0017.jpg


手作り石けんはどれくらい保ちますか?とよくご質問を頂きます。
オイルから作られている物ですので、オイルの保存方法をご想像下さい。
高温多湿と直射日光を避けて頂ければ、かなり長持ち致します。
私たちの作るせっけんにはローズマリーの抽出オイルをいれています。
これは天然の防腐剤です。
合成保存料を一切使わない手作り石けんは、時間が経つと油の酸化臭が出てきたりしますが(使用上に問題はありませんが)、ローズマリーの抽出オイルの使用で酸化を防ぐ事が出来ます。

優しいことはまず大前提で、その上で使いやすい石けんであること。
もんちの石けんやの考え方です。
泡立てネットの使い方
手作り石けんは市販の工業石けんよりも泡立ちにくくなります。
泡立ちを良くするオイルはココナッツオイル、パーム核オイルなどがありますが、たくさん使用すると肌を乾燥させやすくなってしまうからです。
もんちの石けんはオイルの脂肪酸構成を計算しながら、優しくて使いやすい、バランスの良い石けんを目標に作成しています。

ロハスフェスタで簡単な泡立てネットをプレゼントさせて頂きました。
dai1.jpg
大きめの石けんでしたらこのように手に添えて...
dai2.jpg
ぬるま湯をたっぷり含ませた泡立てネットをそわせて
dai3.jpg
手作り石けんでも泡を簡単に立てることができます。
減りが気になる方は、石けんは少しつけるだけでも、泡立てネットをほわほわしていただければ泡が立ちます。
dai4.jpg
出来た泡をネットから取って(ネットでそのままこすらないようにして下さい)
dai5.jpg
この泡で洗ってみて下さいね♪

もちろん面倒な時は(笑)手でそのまま泡立ててもOKです。
柔らかめの石けんは泡立てネットを使うと早くなくなってしまう~と感じる方もいらっしゃいますので、(ほんとにちょっとで泡立ちますが)小さくなってから使って頂いてもOkです。
とろとろ石けんをとろとろのまま使っても、たまには泡立ててみても使い心地を楽しんで下さい。
個人的には体を洗う時に、とろとろ石けんをそのまま体につけて洗うのも好きです。

泡立てネットは輪になっていますので、横から小さくなった石けんを入れて
shou.jpg
こんな風に吊るして頂ければ最後まで石けんを使うことができます。
shou1.jpg
そのままごしごし。
shou2.jpg
小さくなった違う種類の石けんを入れても面白いです。

泡立てネット、手作り市でもご希望の方にプレゼント致しますのでお気軽にお申し付けください~♪
後ほど泡立てネット使用動画をUP予定です。
手づくり石けんは何故溶けやすい?
工業石けんと比べて、手づくり石けんは一般的に溶け崩れが早いと言われます。
それは石けんの中に含まれているグリセリンが、水分と結合しやすい=水を引きつけやすいからです。
水がたまるような石けん入れでは崩れやすくなってしまいますので、水切れの良い石けん置きがあると長く使う事が出来ます。
ネットにいれてぶら下げても使いやすいですね。
GSC_0060.jpg
↑実はダ○ソーで100円で買いました...

石けんを作る材料のオイルでも、固さを出せるオイルを多く使うと固くなります。
しかし、肌によいと言われるオイルは柔らかいオイルが多くなります。
また、鹸化率を高くする=純石けん分を多くすると固めに仕上がり、鹸化率を低くする=純石けん分を少なくし、過剰油分を多くすると柔らかめに仕上がります。

柔らかめの石けんを「使い心地が良い」と感じる事の方が多いようです。

もんちの石けんやでは、手づくり市での販売の際に、各石けんの使い心地を☆印で簡単に表記する事を始めました。
崩れにくい←☆・・→柔らかい
このように表記されていれば比較的崩れにくく、
崩れにくい←・・☆→柔らかい
このような石けんは肌なじみが良い石けんになります。
選ぶ時に参考にされて下さい。

また、もんちの石けんやの石けんは、厚さが2,5mmあります。
「使った」と満足感が得られるサイズになっています。

泡立ちがよく、長持ちする石けんを「良い石けん」と感じる方もいらっしゃれば、
もちよりも使い上がりの感触を最重視される方もいらっしゃると思います。
どちらにしても出来るだけ長く使えるのが一番です(^_^)
上記のダ○ソーで100円石けん置きは我が家ではお風呂場置きっぱなしでもOKです。
手作り石けんで気持ちよくシャンプー!!の方法
よくお客様から石けんでシャンプーにしてもいいの?というご質問を頂きます。
我が家では、家族全員石けんでシャンプーをしています。

一般的なシャンプーでも、汚れ落ちやしっとり感は十分にあります。
しかし、いろいろな薬品が使われている為、市販の石けんは平気だけどシャンプーだと頭皮が荒れる...という方もいらっしゃいます。
手づくり石けんでのシャンプーは、意外にも髪の毛のしっとり感が多くなり、きちんと汚れを落とし、何より薬品は一切入っていないので体に安心です。

石けんシャンプーには「コツ」がいります。
これを知らずに最後まで市販のシャンプーをしていたのはもんち妻です....もったいない..
髪の毛が多いので石けんシャンプーが何となく面倒に感じていた部分もあります。

1,石けんをそのまま髪にあてて泡立てます。(もちろん髪の毛はお湯でゆすいでおいてくださいね)
2,泡立ちにくかったら水分が足りません。水分を足して下さい!豊かな泡で頭皮を洗いましょう。
3,きれいにゆすいだらクエン酸かお酢のリンスをします。市販のリンスは意味がありませんのでご注意!

<作り方>
------------------------------------------------------------------------
1.クエン酸30gを水(できれば精製水がお勧め)250mlに溶かします。
この濃縮液を500mlほどのペットボトルなどに入れておくと便利です。
お酢で行う時は、クエン酸の濃縮液と同じ扱いで構いません。
2.ペットボトルのキャップ1杯程度を洗面器に入れて、お風呂のお湯を洗面器にいっぱい入れる。
3.頭からかぶり、洗い流す必要はありません!
------------------------------------------------------------------------
洗い流す必要がない....これが意外と楽で(笑
めんどくさがりのもんち妻は大歓迎。
これでサラサラです。

髪の毛が広がりやすかったのですが、気がついたら全然広がらなくなったしまとまりも良くなりました。
NEC_0897.jpg
(楠公さん限定石けんもシャンプー気持ちいいですよ)

どんな石けんがシャンプーに向いているかと言いますと、
キャスター油(ひまし油)は髪の毛をしっとりと落ち着かせてくれます。
ラードは細かな泡がふわっと立つので洗い心地が大変よいです。
グレープシードオイルや米油、ごま油、キャノーラ油に多く含まれているリノール酸は早く泡立ち、洗い流すのに時間がかからない石けんになります。
オリーブ油、椿油、ひまわり油などに多く含まれているオレイン酸は髪をしっとりとさせてくれます。
ローズマリーは頭皮や髪にとても良いと言われているハーブです。

お手持ちの石けんを確認してみて下さいね。
次回は石けんシャンプーを科学したいと思います。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

イベントのお知らせ

お知らせ

Lano creation様
ワールドジュエリーフォーラム2011

8月24日(水)~8月30日(木)
松屋銀座 1階 
スペース・オブ・ギンザ

※ノベルティ作成をさせていただきました

harmony's Move様
move.jpg
和歌山県岩出市西国分674-1
TEL / 0736-63-3815
定休日 / 毎週月曜日・第3火曜日
営業時間 / 9:30~18:30
最終受付時間 / カット:18:30 パーマ:18:00

※ノベルティ作成をさせていただきました

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

携帯はこちらから

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

参考図書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。